[iPhone・携帯端末向け]表示に変更するにはここをクリック[成人限定ページは参照しない]ログイン 

ぶろーどちゃっと トップページへBCメニューについて

BCメニュー( Broad Categorial Menu )について

当サイトの最も強力な特徴となっています、BCメニュー( Broad Categorial Menu )について紹介させていただいているページです。

特徴とメリット

〇 多彩な階層型カテゴリー[現在、900種オーバー(内部者限定カテゴリーを含む))]
   階層型スキーマの定義のない MySQL(MariaDB) で動作させています
〇 シームレスに一気に選択できるメニュー
   Web上の通常のメニューでは、上位カテゴリーを選択する毎にページのロードが発生し、なかなかスッキリと選択できません。
〇 動的に変更可能なメニュー
   (許すかどうかは別にして) ユーザによる動的なメンテ(カテゴリーの追加・変更・削除)をさせる事も可能です。
   表示順序についても、人気のあるカテゴリーを自動で上に表示することも可能です。(ぶろーどちゃっとは今後搭載予定)
〇 上位含有が簡単な仕様
   実際の内包物となるドキュメントについて、上位含有が簡単に実装できる仕様です。例えば、[関東]カテゴリーは、子カテゴリーの[東京]や[千葉]のなどのデータを含有して利用する事が多いかと思いますが、それらが容易に作成できる仕様にしています。
まず使ってみたいという方はこの辺りから
(違う所からももちろん辿りつきますが[利用認証]とかないのでこちらが早いかもです)

デメリット

〇 シームレスは、チャンスが少ない?
   サイトによっては、各カテゴリー毎に表示させる事でそれだけ「ビジネスチャンス」が増えると考えるサイトもあります。
   その通りだと思います。BCメニューは向き不向きがあります、むしろ無用というサイトがあっていいでしょう。また、デパートにはエスカレータとエレベータ両方ある様に必要と考えるサイトがあるはずと考えています。
〇 文字の長さ大きさについて
   文字の大きさについては、基本的にクライアント側のマシンにインストールされているフォントによって変わります。
   また、メニュー自体の大きさについても、マウスを思いっきり動かしたり、スクロールをゴリゴリしながらするよりは、無駄なく綺麗に配置した方がいいと考えています。
   Web系の技術を有されている方はご存知とおもいますが、元々HTMLは「どの機種のマシンでもみれる形式」を定義したものといえます。その為初期の段階では、文字の見せ方や位置など、「見た目」にはあまりこだわらないといった観念がありました。
   とはいえ、やはり「できれば見た目も綺麗な方がいい」とか「できれば選択しやすい方がいい」との要望がでてきます。それに対して技術を駆使して答えていくうちにどんどん発展してきたという背景があります。
〇 実装するには再構築なみの覚悟が必要?他の方針により設計された、既存ページにこのBCメニューを付加的に載せるというのは簡単にはいかない事も多いです。その場合、再設計からやり直す程の覚悟が必要となります。

結論的な仕様として

   上記のすべてを念頭に検討した結果、PC側では現在選択のカテゴリーのみを通常は表示し、選択時には選択肢のカテゴリーのみを並べる。各カテゴリーの長さがバラバラなので、選択後にリサイズして全体をみせる事にしました。
   スマホ側では、横スクロール型のメニューにして普段は見せない事でサイズ的な問題を少しでも解消させます。また、各カテゴリー自体は大き目にして「指で押しやすく」し、選択時に次の選択肢となる子カテゴリーをJavascriptで選択時に動的に作り出して横にスクロールさせるという仕様にしました。

限界仕様について

   現在は900種ほどのカテゴリーを4階層構造で運営しています。  カテゴリーについてはまだまだ増やせる余裕はあります。しかし、見た目が少々悪くなってきてしまいます。  階層数についても同様です、開発テスト時点では5階層でテストしていましたが現在の4階層位の方がすっきりとする様です。

作り方(製作方法)について

   基本的に、PHP,MySQL,jQuerry,CSS3,html5 で当サイトの機能を作成しています。
その辺りに精通していて設計力・開発力があれば同等のものの作成が可能だと思います。

 ここでぜひ、ご理解していただきたい事があります。
当サイトを構成している技術は、例えばAIの開発等の陽の当たる最先端技術ではなく、いわゆる一般アプリケーション開発です。
しかし、こういった開発技術であっても、決して「ググった(検索ででてきた)技術を組み合わせただけ」ではないという事をご理解 していただきたいのです。
わたし自身は、「もう徹夜はいやだ」と思いならがらも長年ハードな業界でいきてきましたが、その経験がなければこのサイトを一人で造り あげる技量は育たなかったと思っています
私は、多くの会社の上層部やマネージャークラス、同胞ともいえるSEでさえがこの点を勘違いをされていると思っています。
また、それによっていわゆる「ブラック企業」が蔓延している要因にもなっていると考えてもいます。
指揮系統が「簡単に製造できる」と思っているのですから、ブラック化するのは当たり前なのです。
このサイト程の規模であれば簡単に製作できるレベルのものではないとまずはご理解ください。
どうか、経験や技量というものが必ずあるとご理解いただき、それを持っている方(もちろん私を超える技量の人もいるとおもいますが そこまで到達していない方であってもです)をどうか認めてあげてください
 技術者は、地味である事が多いですし、「造れた」という事に満足してしまい、「大変だった」と自己アピールするのは美徳ではないと考える事も多く、 宣伝等に力を入れない事が多いのです。
また、最近の「面接の技法が高くなっている」のと似ていますが、技術的に実力以上にみせる安易なモノも増えています。
「見た目にちょっとカッコいいでしょ?!」とか「ちょっとおしゃれでしょ?!」とか、Howto系の技術ブログをいくつも持っていても、 実際に仕事を一緒にやるとからっきしという人も結構いるのです。

どうかそういったところ「本質を見抜ける眼をもてる様に」気をつけていっていただきたいとおもいます。

ご相談(お見積り・ご依頼)について

弊社(株式会社 システムデコ)では、本サイトで利用している[BCメニュー]やその他各技法(機種別に表示を変えているのに、目的別に同一URL 等)、 それらを[BCフレーム]として、提供しています。 (見た目のデザイン等は変更しても、内部構造を揃える事が可能です)
[BCフレーム] [BCマップ] につきましては、弊社のサービスと競合しない使い方をされる事を前提とし、かつ、当方と6ヵ月以上のご契約を結ばれる顧客様にはご自由に使う事が可能となります。
弊社とのご契約料金は、1ヵ月(お見積りベース)100万円(税抜き)となります。
※月額単価が高いと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
これまでの説明によっておよそご理解いただけるように、「見積りは会社によって異なります」
弊社の場合は、例で申し上げますと BCマップについて新規製作した場合、2人月と見積っています。
これには、要件まとめ~設計~製造~本番対応までとなり、製作中に一度デモを製作してご意見を頂戴しての手直し
を行いますが、そちらも含めて総額となっております
お気軽にこちらよりご相談ください(ご相談/お見積りは無料です)
※※※ 大変申し訳ございませんが現在顧客様の依頼開発はお断りさせていただいております ※※※


※会社によって異なる見積りについて(追加説明)
その会社が得意な分野やいわゆる[おしきせ]だけで済む場合、その会社が格安で開発できます。
ただし、だけで済まない場合に、ものすごく跳ねあがりる事が多いのです。
そういった場合に、過去、色んなソフトウェア技術に対応してきて、かつ、 色んな要望に応えてきたという技術者であれば、安く対応ができるのです。
どうか、営業マンにレアケースへの対応を訊いた時に返ってくる 「それは億ってかかりますよ」という言葉に騙されないでください
[おしきせ]だけで最終的に済むシステムは思いのほか少ないものです。
社員がいくら大勢いたとしても自分の担当業務でないと対応できない事が多いです。
ちゃんとフォローし合える環境等を作れる会社。ちゃんと技術者を育てていける会社。 派遣や契約社員ばかりで、現存しているIT系の会社ではそれらを私はみた事がありません。
そういった所でも営業マンに騙されない様にしていただきたいのです

※大変申し訳ございませんが、現在のところ、以下にあてはまるご営業につきましてはお断りさせていただいております。
・SESを含め、常駐を前提としたご営業をされる方
・[BCフレーム] [BCマップ] の利用が見込まれない方、かつ、弊社の製造方法・実現手法を中心に考えて頂けない方
 
[CM]   × 
This is Commercial Message.


   [トップページ] [利用規約] [プライバシーポリシー] [ヘルプ]
 Copyright.© 2017 Systems Deco co.,ltd. All Right Reserved.